コンテンツへ移動
2018/11/28 / Azulean

UWP版Office(Excel)

最近の Office のプリインストール環境は UWP 版 Office(ストアアプリ)がインストールされているケースがあるようです。

UWP 版 Office は COM の公開方法が Desktop Bridge 向けの新しい仕組みが採用されています。

COM Server and OLE Document support for the Desktop Bridge
https://blogs.windows.com/buildingapps/2017/04/13/com-server-ole-document-support-desktop-bridge/

このため、レジストリから Excel.Application を探しても見つからないが、COM オブジェクトは生成できるという不思議な状態になっています。

興味のある方は上記の記事を参照しつつ、UWP 版 Office のインストール先の AppxManifest.xml を覗いてみましょう。

 

なお、今のところ、管理者権限で実行したプロセスからは Excel.Application といった ProgID から COM オブジェクトを生成できないようです。
これが仕様による制限なのか、不具合なのかは不詳です。
CLSID を直接指定すると生成できるという情報(MSDN フォーラム)もありますので、必要な方はそちらも検討してください。

 

管理者権限で Excel をオートメーションで利用されている方は以下のいずれかになります。

  • 管理者権限で実行しないで済むように運用や設計を見直す
  • UWP 版 Office をアンインストールして、従来のデスクトップ版 Office をインストールし直す

Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 から、デスクトップ アプリ版 Office 2016 に入れ替えることはできますか。

はい。Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 をアンインストール後、マイアカウント ページからデスクトップ アプリ版 Office 2016をインストールすることができます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/setup/2016pipc/faq.aspx より)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。