Skip to content
2015/07/21 / Azulean

Visual Studio 2015 (VS2015) の「標準」には C++ が含まれていない

先週末にリリースされた Visual Studio 2015 ですが、デフォルトのインストールオプションの「標準」には C# と VB.NET が中心となっており、C++ がインストールされない設定のようです。

image

戦略的にわからなくはないのですが、C++ が必要な方は最初からカスタムインストールを選びましょう。

image

モバイル開発(iOS, Android)もされる方は、もう少し下の方に選択肢があります。

image

なお、標準でインストールしてしまった場合、Visual C++ のプロジェクトを作ろうとしても、機能のインストールという選択肢が出てくるわけになります。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。